XOOPSの管理

    このサイトのTOPへ

  1. 一般設定
  2. ブロック管理
  3. モジュール管理

管理画面まで

インストール時に入力したユーザ名、パスワードを入力して、ログインをクリックします。

ログイン中画面です。

ログイン時のトップページです。

管理者メニュートップです。

管理者メニュー一覧です。

ここからサイト内の設定を行います。

このページのTOPへ

一般設定

サイト全般の一般設定をすることができます。

このページのTOPへ

システム設定メインの一般設定

    テーマセットなど、サイト全般の基本的な設定を行うことができます 。

    初期設定ではタイムゾーンがGMTになっているので、を日本に変更しておきます。
    サイト名、サイト副題、管理者メールアドレスもここで変えることができます。

    「サイト名」、「サイト副題」
    ウェブブラウザのトップページのタイトルバーに表示されるもので、ユーザ登録に使用されるメール送信にも使われます。

    「開始モジュール」
    サイトのトップページに表示するメインのモジュールを設定することができます。

    「サーバのタイムゾーン、デフォルト・タイムゾーン」
    サーバのタイマに設定されているタイムゾーンとユーザが使用しているタイムゾーンの設定です。

    「デフォルト・サイトテーマ」
    テーマセットを指定する際、ここで指定します。また「themes/ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を「はい」にしておかないと、テーマセットを指定しても認識されないので、サイト構築中は「themes/ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を「はい」に変更しておきます。サイトが完成し、稼動したときには「いいえ」に変更しておきます。

    「デフォルトのテンプレート・セット」
    ここで、「テンプレートセット・マネジャー」で作成したテンプレートセットを指定することができます。

    「未登録のユーザの表示名」
    未登録のユーザがフォーラムなど、各モジュールで投稿、書き込みを行った際に表示される名前を設定することができます。

    「セッション設定をカスタマイズする」、「セッションがタイムアウトするまでの時間(単位:分)」
    XOOPSでは、サイトにログインした後に操作をしていない間がある程度あると、自動的にログアウトされます。セッションとは、自動的にログアウトされるまでの時間のことです。セッションを長めに設定することで、ログイン後からしばらく経ったあとに再びサイトを訪れたときでもログイン状態を維持していることもできます。この場合、サーバの負担が大きくなることも考えられます。また、短めに設定することで、サーバやセキュリティに配慮したかたちにすることもできます。

    「デバッグモードを有効にする」
    ここを有効にすることで、システム的なエラーが発生した際に、さまざまな情報が表示されるようになります。また、サイト運営時は、解除しておきます。

    「バナー広告を有効にする」
    バナーを表示するのかどうかを設定することができます。

    「モジュールキャッシュ」
    インストールしたモジュールにキャッシュ機能がついている場合はここに表示されます。使用頻度が低いコンテンツはキャッシュを使用することでサーバの負担を軽減することができます。

システム設定メインのユーザ情報設定

    ユーザが登録する際の設定を指定することができます。
    あまり変更する必要はありません。

システム設定メインのMETAタグ/フッタ設定

    METAタグとフッタに関する設定をすることができます。

    METAタグとは、検索エンジンへの対応する際に使用されるものです。

    「METAタグ(キーワード)」
    ここに書いてあるキーワードが検索されたとき、検索結果に表示されるようになります。

    「METAタグ(Description)」
    検索結果に表示される際に、サイトの説明として出てくる文章です。

    「METAタグ(作成者)」
    このサイトの文書の作成者です。

    「METAタグ(コピーライト)」
    このサイトの著作権です。

    フッタとは、ホームページの最下部のことをいい、通常はバージョンや著作権関連の表示について使われます。

システム設定メインの禁止用語設定

    ホームページ内での禁止用語の設定です。

    投稿や書き込みでの禁止用語を指定することができます。
    また、その用語が使われた際に置き換える文字を指定することもできます。

システムメイン設定の検索オプション

    ホームページ内で検索したときの設定です。

    「キーワード最低文字数」はバイト数で表されているので、初期設定の「5」の場合は日本語(全角文字)の場合、3文字以上ということになります。

システムメイン設定のメール設定

    メール送信に関しての設定を行うことができます。
    あまり変更する必要はありません。

    「SMTP」
    インターネットなどで使用されているメールの送信するための約束事で、通信手順や通信規約のことです。

このページのTOPへ

ブロック管理

ブロックの管理と新規ブロックの作成をすることができます。
ブロックの説明は「オリジナルのデザイン作成」でもしています。

ここがホームページの機能の配置を決めることができる重要な場所です。

「表示サイド」
ブロックの配置は下のようになっています。


「並び順」
同じブロックでの並び順を数値で指定します。特に指定しない場合は、同番でも大丈夫です。

「表示/非表示」
ブロック内に表示するときは「はい」、しないときは「いいえ」を指定します。

「操作」
編集画面です。ここでもブロック編集を行うことができます。


「新規ブロック作成」からカスタムブロックを作成することができます。
カスタムブロックではHTMLタグやPHPスクリプトなどを使用することができます。

このページのTOPへ

モジュール管理

外部モジュールのインストール/アンインストールなどモジュールの管理全般を行うことができます。

詳しくはトップページからいける「モジュールを使ってポータルサイトをコーディネート」で説明しています。

このページのTOPへ